はやりすたりレーシック
はやりすたりレーシック
ホーム > 脱毛 > 脱毛サロンの光脱毛の方式とは?

脱毛サロンの光脱毛の方式とは?

脱毛器を買う場合、注意するのが値段でしょう。

 

あまりにも高額なのであれば、エステやクリニックに行った方が安く済むかもしれないので、注意しない人はいないはずです。

 

脱毛器の値段は5万円~10万円くらいになります。

 

廉価なものだと1万円台で手に入れることも可能です。ただ、あまりにも安価だと脱毛効果が満足に得られない恐れがあります。

 

ノーノーヘア(no!no!HAIR)は、テレビCMでも「抜かない、剃らない、脱毛器」と言うように、ムダ毛に熱を伝えて処理するサーミコン方式の脱毛器です。

 

除毛ですが、家電比較サイト等では脱毛器と一緒にカテゴリー分けされています。

 

光脱毛方式と違うのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。毛を挟んで熱を伝えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、髪の毛が焦げたときのような、独特の臭いがあります。デザイン性が高くて脱毛器に見えませんし、ボディ形状がコンパクトにすっきり収まっているため、買ってみたいという気分にはなるのですが、厳密に言うと脱毛ではないとか、ニオイがあるだけで効果が得られなかったという意見もたくさんあるのが気になるところではあります。

 

良いほうのクチコミを見ると、いままでカミソリや毛抜きを使っていた人の中には、肌に刺激がなくて快適であるとか、継続的な使用で、気にならない程度にまでムダ毛を減らすことができるという意見もあります。

 

自分でカミソリなどで無駄な毛を剃ったりすると、表面に出てきてくれない毛が結構あったりします。

 

こういった場合、どうにかしてやろうと頑張ってみたりしますが、何ともならず、ただ肌を痛めつける結果に終わってしまうでしょう。埋もれた毛の対策としては、レーザー・光等の脱毛処理をしてもらったり、自宅でも、市販のスクラブ剤でゆっくりこすってみたりして無くなっていくのを焦らずにじっくり待つのが良いのかな、と経験上思います。ほったらかしにしてしまうと、色素が沈着したりすることもあります。

 

脇脱毛!おすすめの大阪の脱毛サロンランキング!